不安の根源を探る。幼少期の性的いたずらを受けた経験からきたものでした。

セッションのご感想

個人セッションのご感想をご本人の許可をいただき掲載します。

Q. このセッションにご興味を持ったきっかけや受けてみたいと思った理由は何ですか? 

Q. 最近、突然思い出した小さな頃の記憶に少し動揺し、不安を感じてた。不安を消したいと思ったことと、何か大切なことが自分に起きているような気がして、それを確かめたいと思った。

Q. 今現在、あなたが一番悩まれてることはどのようなことでしたか? 

A. 感じていた不安を消したい。不安の根源は何なんか、どうして今、思い出したのか知りたかった。

Q. その事に対してセッションを受けられてどのような気づきがありましたか? 

Q. 思い出した時は、私を連れて行ったおじさんに嫌悪と気持ち悪さを感じてたけど、小さな私は、赤いスカートを褒められて嬉しかった。そして、怖くも気持ち悪くもなかったこと。むしろ温かいことが心地よかったことがわかった。

はるちゃんが抱きしめてくれた時は怖さを感じたけど、同時にかすかに安心感のような柔らかい気持ちがあったことが、今はわかる。

母親に見つかったらいけない、知られてはいけないっていう強い気持ち。 ひどく怒られたことはあまり覚えてないのに、母に怒られることが、とても怖かった。 悪いことをしたのではないって理解した小さな私は、それでも、なかなか家に帰れなかった。 ママに怒られないよと言っても、小さな私はなかなか安心しなかった。

母に嫌われる、困らせることが怖いと思っている今の私が言い聞かせてるのだから、小さな私にも説得力があまりなかったのかもしれないと、今は思う。 快楽は悪、ウソは悪、出来ない私は悪、いい人でない私は悪、私はどれだけ自分を否定しているのだろう。

どれだけ、自分の気持ちにウソを塗っているんだろう。

セックスを楽しんではいけない、女は慎ましやかでいなければいけない、男を立てなければいけないって思っているのだから、対等なパートナーシップなんて築けるわけがないって、今はなんとなくわかる。

自分の本心を否定し、隠し、自分を貶めないと、存在出来ないと思ってきたんだ。 私は、何から自分を守ってきていたのだろう。 かわいそうな私。 それなのに、何かを認めると、自分が壊れて消えてしまいそうで怖い。 これから、どうやって、自分で自分を縛っている概念を外していくか、本当に大きな課題だ。

Q. カウンセラーの在り方、雰囲気、まなざし、表情、仕草、声のトーン、話のテンポといったことで、気になることがあれば教えてください。

A. 今回、はるちゃんの声やトーンが今までよりも落ち着いている印象を持ちました。 それは、私に、いつも以上に安心感を与えてくれました。 扱った内容のせいなのかなって思います。 今までのはるちゃんも、今日のはるちゃんも好きです。

Q. 最後、感じたままに率直に、感想や改善点、はるへのメッセージなど、ご記入ください!

A. 今回も、たくさん癒やされたけど、同時に課題があまりにたくさんあることに不安を感じてしまいます。 小さな私も、今の私と同じように頑固で、なかなか反応してくれないなぁと、今思います。

はるちゃんがセクシュアリティなことについて、躊躇なく、サラリと言葉にしてくれるので、こちらの羞恥心が軽くなります。 これははるちゃんの素晴らしいところです。 これからもよろしくお願いします。

以上です。

彼女とはこれ以降も継続セッションで深く探っていくことになりました。

掲載を許可していただきありがとうございました。


ご感想はこちらからご覧いただけます ⏬

はるの活動一覧

▶︎10月度のZoom無料セミナー

▶︎個人セッションのご依頼はこちらへ

SNS

Youtube

LINE公式

最新の情報を受け取れます。

気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました