自由と責任はセット、自分で決める楽しさを知り、私はできるにシフトした

haruku blog

自分で決めることができない、責任を取るのが怖い!?

自分で決められないんです。

そうおっしゃるクライアントさんは多い。

わかる。

私も以前は、

自分で決めることが苦手だった。

なにより、

決めて行動したあと、

そこに責任を取るのが怖かった。

責任。

私の大嫌いな言葉だった。

でも、ある時気づいた。

あ、

私、自分で「決めない」ということを「決めて」いる、と。

自分の気持ちに正直に、

自分の思いを最大に尊重し、

望む方を、

選ばない、

ということを、

選んでた。

そう、

私は決めることができていたんだ。

そう気づいたときから、

もう、

決めれない、

選べない、

を卒業しようと思った。

決める!の背中を押してくれたのは「欲しい!」の気持ち

あれは、18年の暮れ、

愛車を買い替えなくてはいけなくなったとき、

私は若いころから、

ワーゲンのビートルに憧れを持ってて、

知ってる?

ビートルってさ、

ハンドルの横に小さな花瓶がついてるんだよ。

そこに、ガーベラの花を活けて走る姿を観たとき、

なんて素敵なんだー!って思ってた❤

当時の愛車は日産マーチで、

色も大好きなブルーとパープルの中間みたいな色で、

10数年のペーパードライバー歴で田舎暮らしを始め、

車に乗らなければならないという状況になり、

そりゃもう、、、

あちこち擦ったりぶつけたり、

ラフに乗りこなしていたけど、

いつの日か、

運転が大好きになって、

運転も上達して、

どこに行くにも、

はるーた号と共に、って感じで、

本当に頑張ってくれた最高の相棒だった。

そんな相棒との別れの時が近づき、

じゃ、次は、、、と思ったとき、

ワーゲンに乗りたいな、と思った。

思ったとたん、

お世話になっている中古屋さんの前を通りがかったとき、

そこに、

ワーゲンの赤のゴルフが停まってた。

お!っと思って立ち寄り、

さっそく乗ってみたけどなんかぴんと来ない。

またきまーすと言って店を出てから、
よくよく自分と対話したら、

そうだ、どうせワーゲンに乗るなら、
やっぱり、絶対、ニュービートルがいい!

その思いが出てきた。

中古屋さんのお父さんに、

ニュービートルが欲しいから探してもらいたい、

と伝えようと思い、

次の週だったと思う、

またそのお店に行ってみたら、

あ!!!

綺麗なブルーのニュービートルが停まってた。

まるで、

はるーたー!来たよー!とでも言ってくれてるようだった。

さっそくお店に立ち寄り見せてもらったら、

条件も最高!!!

めちゃテンションあがって、

欲しい!

と思った。

そして家に帰り、

夫に相談した。

いいんじゃない、買えば、と彼は言う。

買えば、、、って。

え、

車って自分で買えるの?

車って、、、

え、、、

自分で買える気がしない。

当時の私の正直な思い。

そしてちょっと小声で夫に言ってみた。

ねー、買って。

すると夫、

自分で買いなよ。

自分の車なんだから、
自分で決めて、
自分で買ってみな。

・・・・・

なんだか、突き放されたような気がして、

少し機嫌を損ねて寝たのを覚えてる。

自由と責任はセット

でも、翌朝目が覚めた瞬間、

よっしゃ、

自分で買ってみよう!

そう強いものが湧き上がってきて、

夫に、

私、あの子を買う!

と宣言した。

クレジットカードのブラックリストに載ってるであろう私、

ローン組めるのか実は不安。

それを中古屋のお父さんにも伝えた。

でも、お父さん、

きっと大丈夫ですよ。

一緒にローンが通るのを祈りましょう、って言ってくれた。

書類を自分で揃え、

ローンも組み、

その回答を待つ数時間はジリジリしたなー(笑)

そして、無事24回払いで通過!!

私の手に、

アクエリアスブルーの可愛い愛車、

ワーゲンのニュービートルがやってきた。

ドイツの男の子の名前を付けようと、

ルーク、と名付けたら、

夫がすぐに、はるーく、に変えてしまった(笑)

今では、愛車はるーくが私の最高の相棒。

あのことをきっかけに、

私は、

自分で決めて行動する、楽しさ、を覚えた!

そっか、

これが私が長年望んでいた「自由」だ。

この「自由」には、
「責任」がセットなんだ。

自分の望みを、

自分の選択で選び取り、

それを決め、

そして適切な行動を取り、

そこに責任を持つ。

当たり前のようなことが、
私にはできなかった。

何を信じているか

自分には力がないと信じていたから。

自分には力がない、ことを、

全力で信じてた。

人は皆、

常に、

選び、

決めて、

信じてる。

その力は、

命のデフォルトとして搭載されてる。

では、

何を選び、

何を決めて、

何を信じるか、

そこだけじゃん。

私は2018年の暮れに、

自分でできる!

を選びはじめた。

そこに信頼を置き始めた。

今では、

できないことなんてないような気がしている。

望む人生は、

すべて自分で創造できると、

信じ切っている!

そして、

誰もがそうだと、

信じてる。

だから、

生徒さんやクライアントさんの、

未来を心から信頼できるんだ。

みんなみんな、

人生の創造主であるという絶対の信頼があるんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました