今までのと全然違う、自分史上「最高のおむすび」が握れました!

blog

最近、私のタイムラインには、
かわいらしいおむすびがたくさん出てくるよ。

食のことを伝える立ち位置から退いてた私に、

古いご縁のなごみちゃんが声をかけてくれて、

突如決まった『祈りのおむすびの作り方を受け取る会』をオンラインライブ。

告知から数日で
なんとなんとお申込み100名様以上!

エントリーしてくださった皆さんから、
事前にいただいたたくさんのコメントを読んでたら、

そこに溢れる「おむすび愛」と、
佐藤初女さんという「存在への敬愛」が溢れてて、

その「期待値」の高さに、
初女さんの時空を超えた影響力の大きさを、
ものすごく感じました。

私も、その「期待値」というエネルギーに、
見合うエネルギーにチューニングしなきゃな、と思いつつ、

まぁ、今の私だからこそ伝えられることに焦点を絞るしかないからね、
とにかく自然体でリラックスしてまんまでいよう、
それだけを思って出かけました。

そもそも、なごみちゃんの直感で私に声がかかり、
当初、なごみちゃんにだけ、初女さんのおむすびを伝授するって話が、

「私ひとりが受け取るのはもったいない。せっかくだからライブ配信してみようか?」

「あぁ、それいいねー!」と、

そんなノリで直感×直感で動いたイベント、
閃きから当日まで1週間くらいだったかな。

でも、風の時代だからこそ、
そんな軽いノリのコラボレーションが、
功を奏したんだろうね。

本当にいい場になったと思ってます。

初女さんといえば、
人参の白和えが有名です。

この日も、人参の切り方の話をさせてもらったんだけど、

私がアシスタントをさせてもらった初女さんの料理教室での一幕。

「初女さん、人参はどんなふうに切りますか?」の質問に対して、

初女さんはこうおっしゃったのよ。

「人参の気持ちになって切ってあげてください。
私が人参だったら、優しく切ってもらいたいです。」ってね。

この話はね、私が料理教室をやっているときからよく話してたんだ。

その時はさ、

ただただ人参を丁寧に扱いましょうね、って話だったんだけど、

今の私はこう理解している。

初女さんは、
自分が人参だったら優しく扱ってもらいたい。

つまり、私は人から優しく扱ってもらいたい、

というご自分のニーズをしっかりと感じ取っていて、

だからこそ、

すべての人は、

大事にされたいし、
丁寧に扱われたいし、
愛されたい、

ってことを本当に望んでいるってことを自分事として捉え、

それが人参であり大根であり、、、
それがすべての存在につながっていたって。

すべての存在に神が宿るという本質を、
カトリックの教えの中から捉えていた方なんだろうと。

おむすび、というモチーフを使って、
初女さんはその命の本質を伝えていかれた方なんだろうなって。

あの当時、2013年頃、
私はそこまでキャッチできなかったんだよね。

だって私は私を丁寧に大事に扱ってなかったから。

自分にダメ出しばかりして自分を厳しく罰してたから。

自分にたくさんの制限をかけて、
それに沿わない自分を本当にゆるせなかったから。

でもさ、
今私は、自分を大事に扱い、
自分を罰することをやめ、

だからこそ他者を本当に大事にできるってことを、
以前に比べたらずっとずっとハラで理解してきてて、

もしかしたら、初女さんの真意に近づけてるかなって思う。

他にも、あれこれといろんな話をさせていただいたけど、

ライブを視聴してくれてた皆さんからいただいたコメントを読んで、

受け取ってもらったなーって感じたから、
それをシェアしておくね。

▶お米に込められた有り難さが伝わってきました。

▶自愛します。大切な人を大切にできる私でいるために。

▶生き方を改めて考えるキッカケとなりました。

▶おにぎりを握っている所作が美しいと見惚れています。

▶お二人のたたずまい、所作、ことばの丸さとおむすびの丸さがシンクロしてます(^^)

▶呼吸を整えておむすびをにぎろう、いまの自分も大切にしようと思いました!

▶料理はテクニックなどよりも、「丁寧に」が大切なんだなぁと思いました。

▶ゆっくり呼吸をして、穏やかな心でおむすび握りたくなりました。

▶美しい所作に目を奪われ、おむすびの奥深さを感じました。

そして、実際におむすびを握ってくれた皆さんから

▶今までのものとは全く別物!

▶いつものおむすびはとは比べ物にならないくらい美味しかったです

なんてコメントもたくさんいただいてる!

そして思う。

受け取ってすぐに自分でもやってみる!

これが素晴らしい。

そして、その方々が、またすぐにおむすびイベントを立ち上げてる軽やかさ!

あぁ、素晴らしいね。

初女さんはね、

「いいと思ったことは伝えていきます、それが私の使命です」っておっしゃってた。

いいと思ったことは、自分に留めず人に伝えていく。

これ、本当に大事なこと。

ここに速やかに行動に移せるって、軽やかでいいなって思う。

最後、撮影を担当してくれたスタッフの方が、私のおむすびを握るサイレントデモをきりとって送ってくれた。

私も、いいと思ったことは拡げていこう。
だからここにそのままアップしちゃう!

説明なしですが、なにかエッセンスを拾ってもらえたら嬉しいな。

2021年2月1日、初女さんの命日に、
この投稿を書けてよかった。

佐藤初女さん、
こんな機会を授けてくださって本当にありがとうございました。

そしてエントリーしてくださった皆さん、
なごみちゃん、ふとちゃん、かつおさん、ちなちゃん、
ありがとうございました!

またいつかどこかで、
おむすびの会、やりたいなって思った。
これは私の未来への望みとして掲げておく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました