更年期で辛い奥さんと、それを責めていた夫

blog

今日は大学病院へ初の診察。
きっとかなりの待ち時間だろうな、と思ったので、Macをバックに入れて行って正解!

大学病院に到着して受付で待っていたとき、

目の前のテレビから流れてきたのは、

「更年期で辛い奥さんと、それを責めていた夫」

このおふたりが、何やらアプリを開発されたよう。

ちらっとしか聞かなかったから正確な情報じゃない、という前提で。

どうも、奥さんが日々の体調を入力すると、そのデータが夫に届き、

「奥様が5日間ほど体調が悪いようです、診察を勧めてください」とか、

奥さん側に、

「夫に何をしてもらいたいか、シンプルなことをひとつ伝えましょう」

とかが送られてくるみたいなサービスだったの。

これ、AIが管理し互いのコミュニケーションを促すってことなんだね。

いや、そもそも、体調悪いとか言えばいいし、夫もケアしてあげてよ、って気持ちもなくはないけど、

日々、パートナーシップにまつわるさまざまなお話を伺っていると、

それができないわけも、夫婦間のコミュニケーションが滞ってしまうわけもよくわかるから、

なるほどねー、これもひとつのアイディアかもね、って感じがした。

とはいえ、心のプロとして何が起きてるのかなーと推測が広がったのも事実。

長い待ち時間でやろうと思っていた仕事をわきに置いて、

このおふたりの場合、どうなんだろう、ってことを書いてみたいと思う。

夫「ダラダラしてる妻にカッとなった」

「俺だって仕事で忙しいのに、家のことを全部やらなきゃいけないのはしんどい」

妻「ちゃんとしろと言われて辛かった」

「こんなに辛いのになんでわかってくれないのと悲しくなった」

で、この「昭和の夫婦」あるあるな感じのコミュニケーションって、このご夫婦にとって、きっと今に始まったことじゃないだろうなと推測。

でも、奥様の更年期をきっかけに、気づきがあったんだろうね。

さて、

人に対してカッとなったりイラッとしてしまう時、

それは、その本人が自分にそれを禁止しているからだ。

だから、実はめちゃくちゃ羨ましい、んだよね。

だって、本当はやりたいのに、自分にはダメだって禁じていることを、

目の前でシャーシャーとやられるもんだから、人はカチンとイラッとしちゃうんだよね。

きっとこの夫さんは、

「ダラダラしちゃいけない」
「サボっちゃいけない」
「きちんとしなきゃいけない」と、

自分をたくさんの「べき・ねば」で縛り付けて、それを自分に言い聞かせるように働き続けてきたんだろうね。

本当にお疲れさま。

本当はあなたももっと、自分に自由を与えて解放してあげていいんだよ。

私はこれ、この世の全男性に言ってあげたい。

そして「俺はこんなに〜してる”のに”」と、たくさんの「のにジュース」を飲み続けてきたはずだ。

この「のにジュース」とは、私の師である岡部明美さんが教えてくれた言葉だけど、言い得て妙、というか。

私の頭にも強烈にインプットされて、

自分でも「私だって〜してる”のに”」という思考が湧き上がったら、

すぐに「あっ!」と気づくようになり、

本当は嫌なのに我慢してやってたんだな、と、

その「のにの裏」にある本音を探っては、それに許可を出して、自分にさせてあげたりした。

そして、本当のノニジュースは免疫を上げるけど、

こちらの「のにジュース」は免疫を下げるから、まじで飲むのやめた方がいいww

とはいえ、この「のにジュース」を選択してるは私だと認めるしかない。

無理してやる、嫌なのにやる。
やりたいのにやらせない。

それを選択するわけ、つまりそこにはメリットがあるからで、

ってことは実は相手は関係なく100%自己責任であり、

自分でそれを意図的に辞めていくしかない。

そして奥さんの方はといえば、

辛い、悲しい、という感情に触れてますね、本当に辛かったよね。

きっと「夫ともっと心通うコミュニケーションがとりたい」と考えたことあるんじゃないかな。

でもね、私は自分の経験から、また、たくさんの女性たちのお話を伺う中で確信してるのが、

自分と対話できない人が、パートナーと心通う対話ができるはずはないと思ってる。

そしてこれも推測だけど、この奥様の場合、きっと心の奥深くで、

つまり潜在意識では、

「私はそういう扱いをされるに相応しい存在だ」と自分の価値を下げてる可能性が高いね。

きっと人生の中で、もちろん夫婦関係の中で、

いいことも辛いこともありながら、

「私は大事に扱われない」という信念の「証拠集め」のような経験をされたんじゃないかな。

つまりここなんだよね。

自分の存在に対する価値が低いと、

どうやったって自分で自分を大事に扱えないし、

そうなると、目の前のパートナーからも、どんどん(自分の望む形では)大事にされないようになっちゃうんだ。

夫は夫で、

仕事してお金を稼ぎ、家族を養うってことが、最大の「愛の証」だから、

それさえやってればいいじゃないか、という考えを持ちやすい。

でも、女性はそうじゃないよね。

女性にとっては、

もっと気持ちを汲み取ってもらったり、もっと丁寧に話を聞いてもらったり、

共感してもらって肯定してもらいたい。

例えばそんなことを望んでいたとしても、

夫は夫で、自分に鞭打って頑張っていたり、

そもそも、夫自身も自分で自分を否定し、他者からの肯定を受け取る力がなく、

だからこそ、妻から信頼されていない、なんて感じちゃったりすると、

それが難しいことだったりする。

では女性として、何をすればいいか?

まずは、自分で自分の気持ちを汲み取ってあげて、

自分で自分の話に耳を傾けてあげる、ってことよね。

自分を大事に扱ってあげれれば、絶対に目の前の人も自分を大事に扱ってくれるようになるから。

今回のアプリの問いにあったように、

あなたが望むことを、シンプルにひとつ、伝えるようにしてください。

は、まさに、

自分で自分に問いかけ、

今何をしてもらいたいか、というニーズを抽出して、

それを男性がすぐに行動に移せるような、シンプルなひとつに絞って伝えてみてください、ってことよね。

男性には曖昧なお願いはなかなか通じない。

甘いもの買ってきて、

じゃ、何を買っていいか迷うわけよね。

シュークリームなのか、
チョコレートなのか、
ショートケーキなのか。

それも、どこの何、って指定してあげれば、男性は間違いなくそれを手に帰ってきてくれる。

男性ってそういう生き物だと思う。

だからこそ、私たち女性が自分に問いかけ続け、自分は本当は何を望んでいるのかを知る必要があるんだよね。

さて、そろそろ診察です。

更年期についても書きたいからまた続きはどこかで。

⏬⏬⏬

もうひとつの歯医者さんネタへ続く

****

自己肯定感や自愛を育み、心の在り方を整えることで、
人生はどんどん好転していきます。

毎日の暮らしにあなたの笑顔が増え、
あなたがあなたらしく幸せに生きることで、

あなたの周りの人も幸せになります。

自分の在り方を整えることで人との関係がよくなり、
お金との関係も、身体との関係もよくなる。

人間関係、経済(お金、仕事)、健康面、 美も性も、

あらゆる領域の円満な成幸を心から応援しています!

⏬毎月、定期的に無料セミナーを開催しています⏬

【5月の開催日程】

5月26日(木)13:00〜15:30

5月26日(木)19:00〜21:30 

5月27日(金)19:00〜21:30 

5月28日(土)13:00〜15:30

5月28日(土)19:00〜21:30 

セミナー詳細、お申込みはこちらのリンクをクリックしてご覧ください。

提供 サービス

▼ オンライン無料セミナーはこちらからお申し込みください。

▼ 個人セッションはこちらからお申し込みください。

blog感じたままに
新開 晴美をフォローする
ゆるしいろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました