グレーに寛ぐ、大好きな言葉に戻ってこれたプロセス

blog

年始から始まった歯の痛みは、私にいろんなことを教えてくれました。

2月に入ってから約10日間ほど冬眠に入り、
穴蔵に閉じこもりながらモヤモヤと思考がざわめく時を過ごしてた。

その思考を手放そうと試みつつ、
自分なりにこの現実を創ったわけを探ろうとしてた。

歯の痛みで仕事ができなくなった、ことと、

同時に私は、

何か大事なものを見失ったような気がして、

「ん? 私、なんか燃え尽きてる??」って感覚が湧き上がったら、

受講生のみんなに向き合い、彼女たちの内面を探るサポートをする自信がなくなった。

実際、私はセッションにおいて相手の潜在意識に深くチューニングを合わせていくため、

今の在り方だと、そのチューニングができないと判断した。

なので即座に全ての仕事を止めていた。

その間、パートナーや心友に助けを求め、いくぶん回復傾向に向かってきた昨日。

まさに、心の隙間に差し込む春の気配を感じはじめた昨日。

月に1度、コンサルをお願いしている心理カウンセラーでもある友人に、

今日はセッションをお願いしたいと伝えやってもらったその備忘録。

昨日の朝、ふと脳裏によぎった思い。

私は、顕在的には「のんびりゆったり生きていたい」と願いながら、

実際は、すぐに生活は忙しくなり、

気づくと追い立てられるような気持ちになるんだよー。

その感覚によって不健全な在り方に落ち込むというパターンは、

未だ発動してて、もうこれ、まじでやめたいわ・・・。

そう思った私は、

すっと目を閉じて「追い立てられてる」という感覚に意識を降ろしていった。

そこで湧き上がってきたのは、

小1の時、あれは放課後だった。

2−3人の男の子にからかわれながら追いかけられ、

私はそれが嫌で逃げ出して必死で走り、

右に曲がるカーブで砂利に足を取られてすっ転び、

次の瞬間、膝がばっくり割れて血だらけになっていた。

そのシーンがふと浮かんできて、

あぁ、あったな〜、と。

そしてその時の膝の傷は、未だ私の膝に残ってる。

その傷跡をそっと撫でてあげた。

そして、これをテーマにセッションをお願いした。

マインドフルな状態に入りその現場に深く入っていくと、

すっ転んで血だらけになっている私は、

痛い、という感覚以上に、ただただ混乱していた。

なんで追いかけれれたのかもわからず、

なんでこんなことになっているのかもわからず、

後から追いつきていた男の子たちも泣きじゃくり、

もう何がなんだかわからない!という混乱の中にいた。

身体の感覚は、お尻から腰にかけてのひんやりとした冷たさ。

そこから中へ中へ入っていくと、

その中心に、今の大人の私のサイズを小さくしたミニチュアの私が立っていた。

白とグレーの層が重なる内側は、

まるで私のマトリョーシカ人形みたいだった。

はるちゃん、その中心のはるちゃんのコアエッセンスに触れてみて。

そう声をかけられ、呼吸を感じながら静かにそこに留まっていたら、

ふと「わかってあげたい」という言葉が。

わかってあげたい。

わかってあげたい。

わかってあげたい。

そう呟きはじめると、私の両目から涙が溢れてきた。

わかってあげたい。

うんうん、

お父さんのことも、お母さんのこともわかってあげたかったよ。

大切な人たちのこと、パートナーのことも、受講生のみんなのことも、

何より自分のことを深く「わかってあげたい」って思ってるよ。

うんうん。

でも、、、

私の中のその思いに反して、

もっとも強い信念は、

本質的には、誰のこともわかることができない、だ。

それは本当?と尋ねられたら、

私は、強くそれを信じていることに気づける。

ものすごい確信を持って、誰のことも本質的にはわからない、と信じている。

あれれ???

私は相手のことを深くわかってあげたい。

自分のことも、もっと深くわかってあげたいって思ってる。

でも絶対にわかってあげることなんかできないって思ってる。

あれれ?

これ、めちゃくちゃ絶望的じゃん。

はるちゃん、そもそも無理芸しようとしてない?w

確かに、、、www

しかも、私にとってわかってあげることは、まさに愛の表れだと思ってる。

わかってあげれることは愛。

わかってあげれないことはその反対の無関心。

あれ?

ってことはよ、

愛しても愛しても、

その愛はどうやったって叶わないものって思ってるってこと??

そしてわかってあげられないってことは愛してないってこと?

あれれ、ってことは、どんなに愛されても、愛されてないってこと??

あぁ、、、

やだ、もう、私ったら。

探求を進めながら、

私は「わかる」ってことにすごくストイックだということ、

私の「わかる」はストライクゾーンがすごく小さく、

そのストライクゾーンの外側には、すぐに「わからない世界」が広がっていることが見えてくる。

「わかる」「わからない」の境界線はどこまでもグラデーションなのに、

潜在意識では「わかる」と「わからない」をゼロ・100で捉えてる私が明らかになる。

あぁ、、、。

グレーにくつろぐは何処へ?

わからないに留まるは何処へ?

頭でわかってて自分でも何度も何度もここにいようとしてること。

そして受講生のみんなに何度もお伝えしているこの言葉。

でも今私は、またここに足を取られてたってことね。

うん、いいよいいよ。
何度でもここに戻ってこよう。

最後、カウンセラーの彼が、

わかるとか、わからないは、結果だよね。

そして、わかるには、80%わかる、70%わかる、60%わかる、、、があるね。

そして、わかる、わからないは、相手と一緒に創っていくものだよね。

そして、わかろうと向き合うことが愛だよね。

わからなくても、そこで向き合ってるんだから無関心じゃない。

そこに愛はあるよね。

というまとめをしてくれて、ふぅ、とひと息。

セッションが終わってひとりイメージスケッチ。

世界はグラデーションだよね。

今回、歯の痛みが起こる前、

セッションにおいて、クライアントの気づきを意図的にこっちだよ、とコントロールした自分に気づいて、

そのことを省みていた矢先に膿が溜まりはじめたんだ。

とても苦しんでいた彼女の痛みを、わかってあげれなかった気がして、自分を責める気持ちも湧き上がってた。

ここに帰ってくるプロセスを歩ませてくれたんだね。

と、やっぱりわかろうとしてる私がいるんだけどw

まー、わかんないけど、

なんかわかんないけど、今がいい気分に戻ってきたんだから、

これでいいやーって思えた私は、

昨日からセッション再開できて、こうして表現することもできた。

あぁ、よかったよかった💖

なんかわかんないけど、まーいいね。

そんなスペースを持って進もう!

グラデーションの中に寛ごう!

****

自己肯定感や自愛を育み、心の在り方を整えることで、
人生はどんどん好転していきます。

毎日の暮らしにあなたの笑顔が増え、
あなたがあなたらしく幸せに生きることで、

あなたの周りの人も幸せになります。

自分の在り方を整えることで人との関係がよくなり、
お金との関係も、身体との関係もよくなる。

人間関係、経済(お金、仕事)、健康面、 美も性も、

あらゆる領域の円満な成幸を心から応援しています!

⏬毎月、定期的に無料セミナーを開催しています⏬

【5月の開催日程】

5月26日(木)13:00〜15:30

5月26日(木)19:00〜21:30 

5月27日(金)19:00〜21:30 

5月28日(土)13:00〜15:30

5月28日(土)19:00〜21:30 

セミナー詳細、お申込みはこちらのリンクをクリックしてご覧ください。

提供 サービス

▼ オンライン無料セミナーはこちらからお申し込みください。

▼ 個人セッションはこちらからお申し込みください。

blog感じたままに
新開 晴美をフォローする
ゆるしいろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました