雑に扱われるのが悲しいんだ、とはっきり言えたこと

blog

そしてね、さっきの続編のような話なんだけど、、、

今日の診察で担当してくれた歯医者さんとのやりとり。

ここでも、自分の中に起きたことを瞬時にキャッチして、

ちゃんと伝えられてよかったなーって話。

実は、私の主治医になってくれる先生が、

予約を入れた今日、なんとお休みだった、という展開から始まったんだけど、

で、代わりに今日は僕が診ますね、と、若い先生が担当してくれた。

久しぶりの大学病院での診察。

受付してから、何度も呼ばれては、血圧測ったり、あっちに行ってレントゲン撮ったり、

またあっちに行って受付して、

こっちに呼ばれて問診して、、、

であっという間に2時間が経過してた。

まぁ、そんなもんだと思ってMacを持って行ってたから、ブログ書いて時間使ってたからよかったけどさ。

で、ようやく先生と対面。

あれこれと経緯を確認され、でも主治医の先生がいないとどうしようもないし、

治療の段取りについても、専門用語がガンガン出てくるから、

そのひとつひとつに質問させてもらいながら、

で、次はCT撮影の予約が1ヶ月待ちで、さらに手術は5月ごろかなーと。

ふぅ、、、そうなんだー。

で、ようやく、

「ま、ちょっと診ましょうかね」と診察台に横になってからのこと。

何やら器具を使って、口を上下左右にグッと強く開けられたり、

患部をコンコンと叩く力も強くてかなり痛かった。

そして、

「うーん、まだ炎症してますね、薬入れておきましょうか」

と先生が席を外したその数十秒間。

私の中では、

さっきの痛み以上に湧き上がる嫌な感覚が、胸元のざわつきとして主張してきてた。

そこで目を閉じて深呼吸。

このザワっとした感覚の源に猛スピードで潜っていった。

何が起きてるの?

何が嫌だった?

痛くされたっていうより、あの雑な扱われ方がとても嫌だったね。

あぁ、、、

ってことは、私もまだまだ自分を雑に扱ってるね。

そして、誰かのことも雑に扱うことあるね。

うんうん。

雑に扱ったり、扱われたりすることが嫌なんだね。

ここまで本当2、30秒くらい。

この一瞬の自己対話があるかないかで、この先の展開は全然変わっちゃうんだよ。

イラッとして、あの先生をただ嫌なやつだとジャッジして、

後から、例えば悪口を言いたくなるような気持ちになったり、

そうそう、後味が悪くなるんだ。

でも、私はここで先生にはっきり伝えよう、って思えた。

注入する薬を持って戻ってきた先生に向かって、

「先生、お願いですからもう少し丁寧に触ってもらえますか?

私、痛いの本当に苦手で、痛いともう歯医者に来るもの嫌になっちゃうし、それより、とても悲しい気持ちになってしまうんです。」

そこまで言ったら、先生もハッとして、

「あ、ごめんなさい。

そうですよね、痛いの嫌ですよね。

僕も痛いの嫌です。

ごめんなさい。大丈夫、丁寧にやりますね。」

そこからは、本当に丁寧に丁寧に、確認しながらゆっくり注射を打ってくれて、

とても大事に扱ってくれた。

その後のやりとりでは、さっきまでとは違う、気遣いもあって親切ないい先生に戻ってくれてた。

きっと、先生も忙しくて今ここにいれなかったんだろうね。

でも、私の一言で、彼本来の親切で優しい側面が出てきて、

とてもいい感じの先生になってくれた。

そこから雑談も始まり、なんと出身が神奈川で以前私が住んでたところと近かったり。

今私が地元で診察を受けている先生と、同期だということがわかったり。

なんか見えないご縁で繋がってたって気になったりして。

ね。

こういうこと。

こうやって自分に起きたことをキャッチして、それをただただ正直に伝えるだけ。

私も昔は、これができなくて、どれほどパートナーとの関係を拗らせてきたか。

でも、自分のことを認め、自分のことを受け入れ、自分のことを愛せるようになっていくプロセスで、

どんどん自分の本当の気持ちを伝えることができるようになってきた。

これこそ、自己肯定感がコミュニケーションに与える影響だと思う。

「本音を言うと人に嫌われる」

これ本当に多くの人が持っている思い込み。

そしてそれは大いなる誤解。

本音は絶対に人を傷つけないし、

本音を伝えれば、必ず相手の中にも響き渡るから、コミュニケーションが拗れないんだよ。

この、痛いという現象に対して自分の思いを言いずらい、って、

セックスにおいてよく起こることだと思わない?

そうそう、歯医者ってエロティックだなと思うことがあるんだけど、

口の中というものすごいプライベートゾーンをガバッと開いて、舌を見せるってエロいなーってwww

ま、それはいいとして、

女性がセックスにおいて、

痛い、という不快感を伝えられずに飲み込むことで、

またあんな痛い思いするなら、もうセックスはしたくない、

そして、雑に扱われて悲しいんだ、という思いを伝えられないことで、

パートナーとのセックスレスに向かうことが多いと思うんだ。

ね、女性がさ、こういう不快感に敏感になって、それをただ伝えるということで、免れる拗れはたくさんあるよ。

そんなことを思った、今日の診察でした!

****

自己肯定感や自愛を育み、心の在り方を整えることで、
人生はどんどん好転していきます。

毎日の暮らしにあなたの笑顔が増え、
あなたがあなたらしく幸せに生きることで、

あなたの周りの人も幸せになります。

自分の在り方を整えることで人との関係がよくなり、
お金との関係も、身体との関係もよくなる。

人間関係、経済(お金、仕事)、健康面、 美も性も、

あらゆる領域の円満な成幸を心から応援しています!

⏬毎月、定期的に無料セミナーを開催しています⏬

【5月の開催日程】

5月26日(木)13:00〜15:30

5月26日(木)19:00〜21:30 

5月27日(金)19:00〜21:30 

5月28日(土)13:00〜15:30

5月28日(土)19:00〜21:30 

セミナー詳細、お申込みはこちらのリンクをクリックしてご覧ください。

提供 サービス

▼ オンライン無料セミナーはこちらからお申し込みください。

▼ 個人セッションはこちらからお申し込みください。

blog感じたままに
新開 晴美をフォローする
ゆるしいろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました