親も精一杯だった。ただ懸命に生きるひとりの男とひとりの女。

感じたままに

何年も開けてなかった禁断の段ボール。
中身は懐かしのアルバムたち。

モノクロ写真の現像を生業にし、カメラ屋さんで働いてた父が残したアルバムはものすごい量で、

これまでも段階的に手放してきたんだけど、

いよいよ自分の幼少期のも捨てちゃおうかな、と思いつつアルバム開いたら、、、

うーん、やっぱり捨てがたい!

過去の記録はもういいかな、って思ってたんだけどねー。

で、このタイミングでデータ化しよ、と思ってちまちま写真を撮ろうと思ったけど、それもものすごい時間と労力。

無理だ、、、

ということで、ネットで調べて業界でも老舗と言われる「節目写真館」にオーダーすることにした。

スキャン実績1億枚の写真デジタル化・データ化サービス|節目写真館
節目写真館は写真やアルバム、フィルムをデータ化するサービスです。他社では難しい卒業アルバムなども受付中!おかげさまで、ご利用者数が2万人を超えました。高品質な写真のデータ化は、スキャン実績1億枚の節目写真館におまかせください。

アルバム5冊、あと、これまでの断捨離の中から、厳選してきた過去のバラ写真を頼んだとしても、

さらに往復の送料も無料ということで、全部で2万円以下でやってくれそう。

この荷物を今後ずっと持ち続けるより全然いいな、と思いオーダーした。

そして、データ化された後は、この重たい物質は全部手放せる。

写真はベトナムの工場に送られスキャンしてくれるんだって。
本当ありがたいなー。

しかし、、、

こうして写真を見てると、

歳を重ねるごとに、

自分がいかに親の愛によって大事に育てられ、その愛によって生かされてきたかを痛感する。

心の探求のプロセスでは、インナーチャイルドのヒーリングは欠かせない要素で、

そのほとんどは「親から愛されなかった」という「誤解」を解いていくもの。

私自身もそうだったし、

すべてのクライアントさんの内なるインナーチャイルドをヒーリングしていくプロセスで、

みんな少しずつ気づいていく。

あんな親だったけど、
私はやっぱり愛されてたんだ、って。

セッションでは、

それはそれは辛辣な父親の姿、
冷たい母親の言葉を代弁して、
クライアントさんの深い悲しみや痛みに触れてきた。

でもね、多くのクライアントさんは気づいていくんだ。

親も精一杯だったんだ、と。

お父さんもお母さんも、

ただただ懸命に生きる、
一人の男であり、女だったんだって。

小さな子供の頃に感じた悲しみや理不尽さ、そして怒りなんかが、記憶とともに身体に残り、大人になった私たちの思考と言動に大きく影響を及ぼす。

でも、こうして過去の記憶への捉え方が変わり、同時に身体に蓄積した強ばりを緩めていくことで、

「過去の真実」はとても曖昧なものだと気づかされる。

親に育てられたプロセスで受けた痛みを癒して、「過去の真実」に翻弄される人生から、

「今の真実」を知り、そして「未来を創造する力」を自分の手に取り戻す、そんな「40代からの自分育て」をサポートしながら、つくづく思う。

みんな、みんな、本当に精一杯生きてるんだよ、って。

そして、みんな、みんな、本当に愛されてるんだよ、って。

この写真、

40歳くらいの母の手を握り、
にっこり笑う先には、

きっと、大きな笑顔の父がいたんだろうな。

はるの活動一覧

▶︎10月度のZoom無料セミナー

▶︎個人セッションのご依頼はこちらへ

SNS

Youtube

LINE公式

最新の情報を受け取れます。

気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました