解放感と自由と罪悪感と責任

blog

海に入ると、

心も身体もおおらかになる。

あの広い海を眺めてるだけで、

私は広大な解放感と自由を感じる。

解放感には罪悪感が伴い、

自由には責任が伴う。

罪悪感に苦しむとき、

私たちは、

その前に必ずと言っていいほど「快楽」を感じてる。

〇〇しなかったから罪悪感。

〇〇したから罪悪感。

その〇〇は、

例えば、

さぼったり(やるべきだと思い込んでることをやらない)

貪ったり(寝すぎた、食べすぎた、怠けた、、、やってはいけないと思い込んでることをしてしまった)

傷つけたり(裏切った、嘘をついた、だました)

盗んだ(物質的なものはもちろん、人の時間=遅刻とか、人の機会やチャンスとかも)

さらに、自分の才能や強みを発揮してないときも、

なんかモヤモヤするのは罪悪感だと私は思ってる。

それは以前、

私は自分の本当の力を発揮できていない不甲斐なさに嫌気がさし、

そのことに自分が自分にめちゃくちゃ怒ってることに気づき、

自分で自分の可能性を奪ってることに気づき、

そのことで自分で自分を罰してることに気づき、

内なる罪と罰のループにハマってたことに気づき、

そこから脱却したから。

私たちは、

自分が無意識的に快や楽を選んだ後に、

罪悪感を感じるものなんだね。

でもさ、

人は本来的に、

快と楽を強く望んでるだよ。

だからこそ、

個人的な快楽を選択することに、

私たちは罪の意識を感じるように、

洗脳されてきてる。

もちろん、性の領域も。

そして責任についても同じ。

責任をとれ!的な、

「責任」とは、

非常に重たいものとして捉えられてることが多い。

責任をとることがこわくて、

自由を放棄してしまう。

私たちは、

本質的に皆、

自由な選択ができる存在にもかかわらず。 

罪悪感の前にある、

快や楽を望み、

それを選んだ自分を許してあげようよ。

さぼってしまった私。

貪ってしまった私。

傷つけてしまったと感じる私。

盗んでしまった私。

それらをゆるす。

それがその時の私だと。

そして、私の中には、

そんな側面もある、と。

そして、

自由を選択し、

そこに責任をはたせる自分を信頼してあげる。

責任とは、

respons + ability

対応できる能力。

自分の人生に起こることは、

自分が対応できることしか起こらない。

起こしていない。

自分が起こしたことなら、

どんなことにも対応できるんだ、と信じてみる。

この自分への信頼こそが自信。

解放感と自由。

このふたつを私は強く望んでいる。

だからこそ、

その時のその選択をした自分をゆるし、

罪悪感を手放した。

自分の選択の結果に、

対応可能だと信じ、

責任をはたす覚悟をした。

その先に見えてきた世界は、

まさに、

解放感と自由溢れる世界だった。

そして、

自分にそれをゆるした時、

誰かがそれを選択することを、

ゆるせる私になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました