光の中の闇、闇の中の光

blog

どんなにしんどくて、
どんなにキツイ出来事の中にも、

必ず光がある。

どんなにうまくいってて、
どんなに順調な出来事の中にも、

必ず闇がある。

キツイと感じながらも、
そのしんどさの中で、

深呼吸して、

身体の力を抜いて、

感じてる「しんどさ」を味わうように、

俯瞰し観察し、

しっかり感じてあげてから、

ところで、

今のこの状態が嫌なら、

私はどんな状態が望みなのか?

そして、このネガティブな状態の中に、

どんなポジティブな面があるのか?

そんな視点をもてるようになると、

世界は変わる。

どんなにうまくいってて、

めちゃくちゃ順調〜✨

ってときでさえ、

深呼吸して、

身体を静かに観てあげて、

冷静さを取り戻し、

今気をつけるべきことはなんだろう、

どこか、何か、

大切なことを見逃してないかな、

そんな視点を持つと、

世界は変わる。

闇の中に光を見出せる洞察力、

光の中に闇を感じる察知能力、

この力を培うことが、

黒と白を混ぜ合わせた、

グレーの中に留まり、

何が起きようとも、

自分の軸をしなやかに保ちながら、

中心に、中真に、

中庸にとどまれる力となり、

外側の世界がどんなに不安定でも、

その不安定さの中で、

安定を感じる自分になってくる。

過去の出来事を振り返ると、

あー、あれはマジでキツかった、、、

でも、あの出来事のおかげで今があるな。

あの時、調子にのって大事な事を見落としたから、

あの後しんどくなったんだな。

そんなふうに過去のネガティブな出来事、

ポジティブな出来事を、

共に捉え直すことを繰り返した結果、

人生の前半って、

その波にのまれたり、

翻弄されて、

たくさんの経験を積むためだけだったんだな、

いろんなデータを集めてきたんだな、

そんなことに気づかされる。

しんどい渦中にいる時、

なかなかここに至るのはむずかしい。

だからこそ、

ひとり静かに過去を振り返り、

ネガティブ(陰)のなかの、
ポジティブ(陽)を見出し、

ポジティブ(陽)のなかの、
ネガティブ(陰)を見出すことをセルフワークでやるといい。

自分のネガティブな側面、

こんな私は嫌だな、という側面と、

ポジティブな側面、

こんな私はいい!という側面を認めてあげて、

ここにも、

必ず反転した要素がある。

そこを共に観ること。

両面があるということを、ただ認め、許し、受け入れる。

これが光と闇、

ネガティブとポジティブ、

陰陽の統合。

シャドウの統合。

そして、

ネガティブとポジティブ、

それらは繰り返され、

その比率にそう差がないことを自覚して、

人生ってそうゆうもんなんだなー、

私ってそうなんだなー、と受け入れていくこと。

そしてきっとこれからも繰り返すんだな。

だから、

ネガティブな出来事を体験しても、

必ずまたよくなる。

そしてポジティブな出来事を体験しても、

必ずまた転換が起き不都合なことも起きてくる。

その時のために、

自分の中の安定感を、

安堵感を培うことに注力し、

外側の出来事に一喜一憂しなくていい、

そんな自分の内側の世界を創造してゆくんだ。

自分の「内側」に安心と安堵が広がると、

自分が観ている「外側の世界」にも安心と安堵が広がる。

今日も呼吸と身体に意識を向けて、

意識を今にとどめて、

不足に焦点を絞らず、

在ることに気づき、

くつろいで生きよう。

はるの活動一覧

▶︎10月度のZoom無料セミナー

▶︎個人セッションのご依頼はこちらへ

SNS

Youtube

LINE公式

最新の情報を受け取れます。

気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました