泣くことをやめた男の子たち

blog

いつも女性のセッションばかりをしてる私に、

今、唯一おひとり、

50代後半の男性の継続セッションのクライアントさんがいらして、

今日で4回目となりました。

子どもの頃、

ご自分がどれほど悲しい思いをしてきたか、 

どれほど寂しくやるせない思いをしてきたか、

そして、その感情を表現することをやめて

大人になってきたかに気づかれてきました。

そのプロセスでは、

過去の自分を心で感じて、

目に涙を浮かべます。

彼は7歳の頃、泣くことをやめました。

泣けば怒られる。

泣いても相手にしてもらえない。

だから泣いても”仕方ない”。

頭で、
理性で、

仕方ない、

という言葉とともに、

湧きあがる感情、
本音を抑え込んできました。

負の感情を表現することをやめた彼に、

「その感情はどこへゆくと思いますか?」と尋ねたら、

「内側に溜まるでしょうね」と。

そう、

この身体に、

緊張感として深く深く刻まれ、

眉間を硬くし、肩を張り、

呼吸を腹に落とさず、

生きてこられたんですよ、と。

そして慢性的な身体の緊張は、

病気として現れ、

今も顔面の引きつりに現れてます。

そして人間関係、仕事面でさまざまな問題に出会うことになります。

不安や恐れを原動力として、

社会的に生きることに限界を感じる出来事が、

起きてくるんです。

そのインナーチャイルドの悲しみと共に、

強く信じ込んだビリーフの呪いをとき、

彼がこれまでとは違う新しい選択をして、

明日を笑顔で過ごしてくれたらいいなと、心から思います。

彼の魂には、大きな望みがあるんだから、

それを感性に従って選択してゆけるようになったらいいなと、

本当に思います。

女性のセッションでは、

泣いて泣いて、

腹の底から怒りを現すことで、

それぞれが自分の望みと意志を取り戻してゆきます。

男性は、社会での役割を脇に置き、

悲しみに触れ涙を流したあと、

本当にリラックスした、

ゆるい優しい顔になり、

愛を思い出すというプロセスを歩まれます。

男って、

本当に健気で意地っ張りで、

だからこそ、

なんて愛おしい存在なんだと、

感じずにはいられません。

男性のセッションを通して、

私は私で、

父の痛みや、

別れてきた男性たちの痛みに触れ、

理解してあげれなかった自分の未熟さにも触れ、

だからこそ、

今のパートナーとは、

これまでよりも、

もっともっとよい関係を築こうと、強く思うんだ。

昭和を生きてきた私たちの世代は、

女性も男性も、

40、50歳からが、

本当の自分に還り、

人生の創造主として生きるタームなんだって思う。

自分をゆるし自分を愛することで、

男女ともに、

内なる女性性と、

内なる男性性が、

ともに成熟し、

だからこそこの人生を、

本当に思いのままに創造してゆける。

私は、真に、精神的な自立を果たし、

自分の人生を生きることを望むひとを、

こっちの世界にナビゲートしたい。

セッション中、

こっちの世界に足を踏み入れたとき、

皆さんがいう言葉は、

軽〜い。

呼吸が深まる。

身体の力が抜けてらく〜。

なんか目の前が明るく感じます。

そして、

それを感じながら生きたらどうなる?と尋ねると、

リラックスしたキラキラした顔で、

明るい理想の未来を語ってくれる。

その理想の未来を創造するのに、

必要なことは

その感じなんだよ。

リラックスして、

呼吸をゆったりと繰り返し、

軽やかであること、

その在り方が鍵なんだよ。

はるの活動一覧

▶︎10月度のZoom無料セミナー

▶︎個人セッションのご依頼はこちらへ

SNS

Youtube

LINE公式

最新の情報を受け取れます。

気軽にご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました