Zepp福岡に立つまで

blog

夏至の日に、思いがけずZepp福岡の舞台に立つ体験をした。

いや、本当に、思ってもみなかったことだったのよ。

ただ、望んでたことではあった。

この身体を使って、内なるエネルギーを表現したい、

という望み。

これまで、

舞をやってみた、

フラダンスやフラメンコにも関心をもった。

ゴスペルや歌も歌ってみた、

舞台ではね踊る経験もした。

そのプロセスで、

最高の気分を味わったのは確かだけど、

私にとってそれは永続的ではなかった。

つまり、

飽きた。

そこに継続的に愛は注げなった。

だからこそ、

今度はどんなカタチで、

私が興味、関心示せるものが現れてくるのか?

そんなことを思い、

なんか楽しいこと起きたらいいなーと望み、

未来に期待して、

あとはほっといた。

それがどんなカタチで現実化するかなんて、

考えもしなかった。

この、考えないこと、実はいちばん大事。

望みという、女性性の力を使った願望を放ち、

ハートの震えに従って、

それが未来に起こることを、

男性性が許可を出した瞬間、

内なる女性性と男性性のまぐあいが起こる。

そのエネルギー的な内なるセックスによって、

現実という創造物が誕生する。

クリエイションが起こるんだ。

願望という種は、

時を経て発芽し成長し、

実をつける。

そのプロセスを自然に任せておくの。

自然農をやってたとき、

つくづく感じたよ。

命の芽吹きから、

成長、成熟のプロセスは、

人智を超えた生命の叡智だと。

それを待つペイシェンス、

日本語だと忍耐力になるが、

忍耐というと耐え忍ぶ感じがして私はイヤだ。

野菜の実りを楽しみに待つように、

その成長を愛ながら、

美味しい野菜ができるの期待して待つ。

未来の現実創造はこの感覚だと今は確信してる。

私はこの待つということが苦手だった。

私は時に、

まいた種をまだかまだかとほじくり返したり、

なんなら、発芽を急かし、種をかち割ろうとしてんじゃないか?って。

大丈夫なんだ。

事は起きてくるんだよ。

必要なことは必ず起きてくるんだ。

つづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました