「仲」からひも解く男性性と女性性

blog

漢字からひも解くことの本質。

今日、「パートナーシップ」を漢字で表すと何だろうと思っていたら、
「仲」という漢字が思い浮かんだ。

そこから、まずは仲という漢字の成り立ちを観てみた。

ほうほう、人偏は、「横から見た人」

そして「中」=「あるものを1線で貫いた」とあり、
私は直観で2つのことが浮かんだ。

ひとつ目は、女性器そのもの、ヨニ。 
※サンスクリット語 yoni(ヨニ)=女性器、膣、子宮のこと
そこにエネルギーが貫いている。

というイメージと、

ふたつ目は、ハートチャクラ。

背骨の部分にあるといわれるスシュムナーというエネルギーの経路上には、7つのチャクラがあり、その真ん中にあるのが、第4チャクラ、ハートチャクラ、女性性の象徴でもある。

そんなイメージを持って「中」を調べてみたら、、、

「軍の中央に立てる旗」

うーん、なんか男性性っぽいな、と思いつつ、

旗、はた、

ハタ!

あぁ、第4チャクラは、アナハタチャクラだ。

ハタで繋がった。

ひとまず「中」は「女性性」を表してるんだ、という洞察で前に進む。

であれば、人偏は男性性か?

今度は「横」を調べてみた。

すると、

「黄」=「人が腰に玉を帯びた」象徴。

玉って!! もろ男性の象徴?

では、玉は?
また調べてみた。

すると

「3つの美しい玉を縦ひもで通した」

頭に浮かんだのはこんなイメージ
↓↓↓

どうやら、古代中国の人々が腰につけていた装飾具を象った字のよう。
そして、装飾具と同時に、魔よけやお守りの要素も強かったみたい。

人は古来から、強くて堅い光沢のある玉に、特別な力を感じていたんだね。

そして、

このふたつのイメージを並べて見ていたら、

「3つの玉」は、第1、3、5チャクラだろうと。

そして、

「中」は、第4チャクラ。
女性性の象徴というなら、第2チャクラもか。

つまり

うん、ばっちり符合した!

これは、チャクラの男性性、女性性の分類にぴったりあたる。

「仲」は、男性性と女性性が統合された字だね、と、ひとりこの洞察に満足しました。

*****

漢字の成り立ちの画像はこちらのサイトからお借りしました。
https://okjiten.jp/index.html

*****

洞察、解説はつづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました