お月さまみたいに

死ー両親との別離

<2011-11-15>

家についたとき、
卵の黄身のようなお月さまがふわりと浮いてた。

今日は朝から母の主治医のところへ、
先日受けた、検査の結果を聞きに行った。

5月に撮影したCTとの比較。

残念だけど、あきらかに癌は進行してる。
その現実を目の当たりにして、そうかぁ、と状況認識。

意外とね、冷静だった。
母も「そうですかー」って感じ。

再度抗がん剤の投与を勧められるが、母ははっきりとNO…

家に帰り、今日もふたりでゆっくり時間を過ごした。

帰りがけ玄関まで見送りに出てきた母。

本当のこというと、私の心もずいぶんとくじけてて、
お母さんを抱きしめることにエッジを感じてたんだ。

いつもみたいに私から近づいていくことができなかった。

でも、歩いてくるお母さんに、腕を大きく広げてみたら、
思いがけず、お母さんから私の胸に飛び込んできた。

ぎゅっとハグ。
ずいぶんと痩せた母。

「大丈夫だからね、私たちがついてるから」と声をかける。

顔を上げたお母さんの目に、じわっと涙が浮かんでて、
あー、もらい泣きしちゃう、と思った私は、思わず、

「あーん、泣かないでー」って笑いながらホッペを包む。

でも、その次の瞬間、

「うそ、泣いていいよ」って言い直した。

私だって泣きたかったんだ。
お母さんだって、泣いていい。

っていうか、当たり前だもんね。

帰りのバスの中、ひとりになってデジカメに写る母の写真を見たら、
思いかげずポロポロと泣き出してしまった私。

ぐぐ、っと上がってきた感情を受け止めて、
不安だったんだね、悲しいよねー、って自分に声をかける。

はぁ・・・
泣けてよかった。

それに気づきちゃんと感情を流しだしたら、なんだかすっきり。
湧き上がったものを、奥でくすぶらせちゃダメだよね。

満員電車に揺られてぐっすり眠って帰ってきた。

そして、帰ってきたらこのお月さまが私を待っていた。

月の満ち欠けのように、ただただ、すべてが変化し移り変わっている、
それが自然なこと。

そんなことを思い出させてくれた。

Om Shanti.

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました