母のこと

死ー両親との別離

<2011-12-07>

母の体調が思わしくない。

長引く微熱。
そして、咳と血痰。

風邪の症状として診ていくには、実際のところ限界がある。
肺の癌腫瘍の影響なんだろう。

今日は、かかりつけの内科医のもとで、
点滴をうってもらった。

疲れちゃった。

そうつぶやく母に、
私はただ、そう、疲れちゃったか、と言葉を返すだけ。

母のいまの状態を、ただ受けとめてあげたい。
ただ、そのままでいい、と伝えたい。

食事もほとんど摂らなくなり、
ある意味、無意識に断食に入っているかんじ。

その証拠に、ずいぶんと痩せてきたけど、
肌に透明感がでて、純化してる気がする。

手術を終えたあと、母は、お正月料理が作りたい、と言ってた。
でも、ちょっと難しそうだ。
私と義姉が代わりに腕を振るわなきゃ。

お母さんのお雑煮も煮しめも、なますも煮豆も、
きちんと習ったことがなくって、
まさに、お母さんしか出せない味。

引き継いでおきたい、って、いま、つくづく思う。

母の心が、
おだやかであるように。

IMG_4712.jpg

このマリアは、友達が母のために贈ってくれたもの。
秋田にいるこのマリア像は、101回も涙を流されたという。

Om Shanti.

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました