笑うこと、楽しいこと、わくわくすること

死ー両親との別離

<2011-07-10>

母がガン告知を受けてから、もう2ヶ月。
そして1回目の抗がん剤治療から、そろそろ2週間。

最後まで残っていた、手先の痺れ、という副作用が抜けて、
ずいぶんラクになったみたい。

ただ、投与から2週間ほどで抜けるよ、って聞いてた通り、
ちゃくちゃくと脱毛がはじまっている。

お母さんが、最後までイヤがってたのがこれ。
そりゃそうだよね、それが女心だよ。

でも先生は、「また生えてきますから」ってあっさり。

うーん、
そりゃそーだけどさー、

なんだか、心が置き去りにされた気がして、
私は、少し抵抗を感じた。

少しずつ抜け始め、今では、枕にごっそり束で抜けてく
髪を見て、「若かったら、耐えられんね」って。

だよね。

でも、すべて抜けてツルンってしたら、
尼さんがシスターかって感じで、似合いそうよ。

そのまま出家できそうな風情の母に、
まぁ、暑いしいいんじゃない、って軽口をいい、
今を乗り越えてる。

1回目の抗がん剤を終えて、しばらくは憔悴しきってたけど、
この数日でずいぶんと回復。

それもそのはず、2日前から、母の妹2人が訪ねてきてた。

美人3姉妹、3人寄れば蔵が立つ(!?)といわれてた彼女たち。

いまじゃそれぞれに「年取ったねー、もう見る影もなかねー」と
言い合ってる

3人寄れば話題も尽きず、布団を並べ、
夜更かししながら、笑ってばかりいたらしい。

これこれ。

笑うこと、楽しいこと、わくわくすること。
これがいちばん。

自然治癒力、免疫力、ぐんぐんあがるんだよね。

お母さんの顔を見れば、ガン細胞が小さくなったのがよくわかる

数日前、私に「今度も正月料理ば作りたかー」って
言ってくれた母。

そして、今日は「元気になりたかー」って力強く。

うん、大丈夫だ。
彼女の生命エネルギーは、回復してる。

私は、そう確信したよ。

いろいろなことが一気に降りかかったように感じて、
けっこうしんどかったこの2ヶ月。

でもね、私は幸いなことに、ガンの治療方法に対して、
最初から統合医療に意識が向いてた。

だからこそ、最初から、自然治癒力をあげる、免疫力をあげる、
この2つにフォーカスしようと、母に言ってあげられた。

日本では統合医療について、まだまだ知られていない現実。

でもこれからのガン治療は、きっとこの方向に向かうと私は信じたい。

Om Shanti.

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました