冊子

死ー両親との別離

<2011-06-04>

病院でもらってきた冊子、
『患者さん、ご家族のためのサポートガイド』

ぱらぱらと読みすすめてたら、
私が大好きなあのキーワードに目が留まった。

「あるがままの自分を受け止めてあげてください」

なんかねー、クリパルのマニュアルを読んでるような
気分になったよ。

***************

-自分の心を見つめてみる-

「今、あなたはどのように感じているでしょうか?」

<心が揺さぶられるのは自然なこと>

癌と診断されたとき、治療中、また再発や転移が
見つかったときなど、

ひどく動揺したり、落ち込んだり、
イライラするのは、自然な心の状態です。

そのような不安定な気持ちや、
前向きになれない自分を責めていませんか?

あるがままの自分を受け止めてあげてください。

***************

そして、
「元気に生き抜くための患者の極意」なるものが・・・。
そのうちのふたつが、私は特に気に入った。
(以下中略抜粋)

●笑顔と免疫力を高めるイメージトレーニグ

専門的なことは医師に任せ、患者さんは、自らの免疫力を
高めることに専念しましょう。

元気になっていく姿をはっきりとイメージすることは、
免疫力を高める効果的なことのひとつです。

想像は自由ですから、快いイメージで、爽快に。

そして、笑顔。

1日ひとつ、笑いの種を見つけて笑うこと、それだけで病気が
逃げていくような、明るく心地よい気分になります。

そしてもうひとつ。

●程よく前向きに。頑張り過ぎない”健全な楽観主義”

過度な心配、将来への不安や焦りは、キッパリ捨てましょう。
そして、頑張りすぎないこと。

希望と実現可能なことを、バランスよく組み立てれば、
自信もつき、過剰な恐怖心や苦痛が軽減されます。

癌は招かざる突然の来訪者ですが、
新しい自分に生まれ変わるチャンス、を与え考えさせてくれる、
心と身体への、メッセージなのかもしれません。

本当にそうだね。
そう思う。

古代から、病気や災難、苦しみが人を悟りの道へ導く、
といわれてるけど、

震災以降、ますます、
命とは何か?生きるってどういうことか?という命題を
もらっている気がして、

ヨガをやっててよかった、と心から思うんだ。
と同時に、ヨガや瞑想が、病気との関わり方を根本から
変えてくれると、すごく感じる。

Om Shanti.

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました