親友の手紙

死ー両親との別離

<2012-01-22>

中学時代の親友から、母に手紙が届いた。

「中学生の頃、家の居心地が悪くて、
 週に何度もはるちゃんの家に足を運んでいました。

 おばさんはいつも台所の同じ席に座っていて、
 微笑んでくれていました。

 すごくたくさん話しかけてくれる訳でも、
 たくさん相手にしてくれる訳でもないのに、
 おばさんの自然体がすごく心地よく、
 迷惑であったろうにも関わらず、
 私の心地よい場所としてあったことが、
 私にとって、どれほど救われたか知れません。

 本当に心よりありがとうございました。」

祭壇にこの手紙を置き、手を合わせ、
母の遺影を眺めると、

そこには、やっぱり、静かに微笑む母がいた。

そう、母はそういうひとだった。

自分の意見を強く言うわけでもなく、
感覚や感情を主張するわけでもなく、

人が話すスペースをいつも保ち、
耳を傾け、微笑んで、

大丈夫よ、とか、いいよ、とか、よかたい、とか、
へー、とか、いやー、とか・・・、

そんな簡単な言葉で相槌をうつ。

母のことを思い出すと、
いつもにっこり微笑んでるんだ。

鼻の付け根にいっぱいシワを寄せて、
笑ってるんだ。

最期、ホスピスの先生方にもよく言われた。

「苦しみを訴えなさらない方ですね」と。

そう、母はそういう人だった。

そんな母を想って、筆を取ってくれた親友に、
いまから電話をかけようと思う。

少し遠くに住む彼女と話すのは久しぶりだ。

きれいな字で書かれた手紙を読みながら、
彼女の心の美しさを感じた。

中学時代と同じ、繊細で傷つきやすく、
優しい彼女は、そのままそこにいる。

母は私に、いろんなつながりを蘇らせてくれてるんだ。
ありがとうね。

Om Shanti.

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました