お母さん、ありがとう。

死ー両親との別離

<2012-09-20>

2012年9月18日、納骨。
8か月もたっちゃったね。

お世話になった神父さまに来ていただき、
無事、終えました。

IMG_661520120919.jpg

お母さんと、最期のハグ。

私はこの骨壺を母だと思える。

母の魂はもうどこか違うところで、自由に生きているに違いない。

でも、母の魂はすべてであるから、この骨壺もまた母だと思えるんだ。

ただ、今生、私の母であったこのボディを、
安息の場に収め、母の永遠の命を、ここに知るということ。

IMG_664120120919_20120920065211.jpg

『わたしたちの地上の住みかである幕屋が滅びても、
神によって建物が備えられていることを、
わたしたちは知っています。
人の手で造られたものではない、
天にある永遠の住みかです。

わたしたちにすすめを与えてくださった神をたたえよう。
夜、わたしは深く悟る。
わたしは絶えず神を思う。
神はそばにおられ、わたしは決して揺るがない。

心は喜びに満ち溢れ、体は安らかに憩う。
神よ、あなたはわたしを死の国に見捨てられず、
あなたを敬う人が朽ち果てるのを望まれない。

あなたはいのちの道を示してくださる。
あたなの前には溢れる喜び、
あなたの元には永遠の楽しみ。』

(Ⅱコリント五章・詩編16より)

Om Shanti.

Rest in peace…

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました