枇杷の葉いろいろ

死ー両親との別離

<2011-09-02>

枇杷の葉っぱが届きました。

友達から「枇杷の葉なら、いつでも何枚でも」と
言ってもらったので、その好意に甘えたの。

というのも、その友達が行きつけにしている、
日本橋老舗の「麦とろやさん」があって、
そこの女将の自宅に、大きな枇杷の木があるらしい。

その女将もとても優しい方で、ご好意でたくさんの葉を
分けてくださったの。

本当に、人の優しさに助けられる。
どうもありがとうございます。

さて、いただいた枇杷の葉をどうするかというと、
まずは、母の「温灸治療」。

葉に、そのまま棒もぐさを当てて、
体中を指圧しながら温めていきます。

すると、枇杷の葉に含まれるビタミンB17(アミグダリン)などの
薬効成分が、体の中に浸透し、すべての細胞を活性化させ、
血液を温め浄化するため、ガンにはとても効果があるのだそう。

あと、今回やってみようと思っているのが、
35度のホワイトリカーに漬け込んで作る「枇杷の葉エキス」。

IMG_3760.jpg

きれいに洗って乾かしたら、小さく切って焼酎に漬ける。
2-3ヶ月すると、濃緑の液体になってくるみたい。

この「枇杷の葉エキス」は、なんといっても痛みに効くらしい。
あと外傷、火傷にもいいそうです。

なので、今後、母に痛みが生まれるようなら、ぜひ使いたいし、
エキスを使った温湿布は、腎臓や肝臓の浄化になるので、
すぐにでも使えそう。

痛みに効くということで、
ギックリ腰や四十肩、慢性の腰痛や肩こりにも。

生葉の湿布も含め、これは、カズの頑固な腰痛にやってあげたい。

あと、アトピーや湿疹、かぶれ、じんましんなどの皮膚疾患。
いまの私のじんましんにぜひ使ってみたかったけど、
2-3ヵ月後まで続いてるのもイヤだしなー。

とにかく、母のガンを通じて知ったこの「枇杷の力」を、
これから、いろいろと試してみようと思う。

参考にするのは、東城百合子先生の『自然療法』
そして、息子さんの望月研さんの『ビワの葉 自然療法』

IMG_3761.jpg

たくさんいただいたビワの葉の保存は、

IMG_3756.jpg

こんな感じで束を作り

IMG_3757.jpg

ビニールに入れて空気を抜く。

IMG_3758.jpg

新聞紙に包んで密閉したら冷蔵庫へ。
2-3ヶ月はOKとのこと。

Om Shanti.

続く↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました