ファスティング体験記①

身体

<2012-11-29>

ファスティング初日を終えて。

今朝は、いつも通り5時ごろ起きてカズのお弁当の準備。

ファスティング中の料理は、さてどんなもんかなー?と思ったので、
昨日のうちに保存できる常備菜をいくつも作っておいた。

やっぱり、作ってるときの匂いにクラ~ときそうじゃない、だから。

なので、今日はゴハンとそれをお弁当箱に詰めて、
おむすびを結んだら完了。
それから、彼を駅に送って行って帰宅。

今日はもう一度布団にもぐりこむ。

私の経験上、睡眠不足ってすごく食欲に影響を及ぼすから、
しっかり寝ておきたい、って思ったんだ。

次に目が覚めたのは9時ごろ。

ここで、今日最初の、白湯と酵素ジュース。
酵素ジュースは1日2リットルなので、こまめにちょくちょく飲むようにしようと。

そこからヨガ。

30分くらい。

プラス、カパラバティとアヌローマヴィローマを
10分くらいやって終了。

はぁ、すっきりした。

お腹がすいた、という感覚はなく、ただ喉が渇いたので、
また酵素ジュースを飲む。

PCに向かってひと仕事。

そして、11:30頃、外出。
今日は菊名でシニアヨガの日。

電車に乗りながら、ふと思ったこと。

「ふーん、食べなくていいって、ラクだなー」と。

なんていうか、日頃、どれほど食べるという行為に思考を持っていかれてるか、
私はたぶん、その分量がかなり多い方なんだと思うけど。

それに比べて「今日は食べない」と決めた今、
「何かを食べる」という選択肢がない、という状態がなんとも心地いい。

これは普段、身体が重いから朝抜こう、とか、夜抜こう、のレベルじゃないんだ。

「あぁ、今日から3日も何も食べなくていいんだ」と思ってる自分がいて不思議。

やっぱり、修行好きの私の魂が喜んでるのかな!? 

クラスの間も、普段の白湯代わりに酵素ジュースを飲む。
シニアの皆さんも、私が断食中だと知ってるので、興味深々でいろいろ尋ねてくる。

でもね、その中のおひとりがこんなことを。

「実際、風邪ひいたときに、無理してなんか食べるより、何も食べないで温かくして寝てた方が、ずっと治りが早いわよね。ひぃひぃ言って、お粥なんか作って食べるより、絶対にいい。」

そうそう、経験から食べないことが免疫力を高め、自然治癒力が活性化されて、回復が早いと知ってらっしゃる。

いつも一緒に楽しむ、お抹茶と和菓子、今日は特に美味しそうな栗ぜんざいだったけど、目だけでいただくことに。

でも、優しい皆さんは、断食明けに食べなさい、とお土産に持たせてくれた。

そして、帰り道。
八王子にできた新しい駅ビルに立ち寄る。

ここでも、いつも目につく「美味しそうなもの」が、今日の私には「関係のないもの」として遠くにいてくれるから、「あぁ、らくだなー」とまた感じる。

この感覚、マクロビオティックを始めたころ、感じてたものに似てるかも。

コンビニも、パン屋さんも、いろんなお店も、もう私には関係ない、あぁ、らくちん、らくちん、と思ったことがある。

道を歩けば、そこらじゅうに広がる、食・食・食のエネルギー。

いつでもどこでも、食べなさい、食べなさい、と言われてるようで、その力に、圧倒されることがある。
特に私の場合は、過食嘔吐が長かった分、食べ物って怖い存在だったから。

こうして、自分の意志で前向きにファスティングできてることが、すごーく変化した自分を感じることができて、うれしい限り。

買い物を終えて相模湖に着くと、えー!雨!!!

洗濯物が外に!
縁側に干してある大豆が濡れる!と、

雨の中、速足で坂道を上り家まで辿り着く。

うわー、かなり、きつい!
やっぱり、急な激しい活動はNGっぽい。
血糖値は下がってるからねー。

呼吸が整うのを待って、酵素ジュースをごくっと飲んで落ち着いてきた。

夜の9時ごろ、一度、すごくお腹がすいた感覚が出てきた。
早いとこ、お風呂に入って寝ちゃおう。

明日、明後日は、完全にOFF。
家でゆっくり過ごして、好きなことだけするんだ。

自分を喜ばすことだけをしようと、思ってる!

続く↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました