ファスティング体験記<まとめ>

身体

<2012-12-2>

3日間の酵素ジュースファスティング体験記。

以下は私の個人的体験。
まとめます。

<不安だったこと>
・3日もなにも食べずにいられるかな?
・甘いものとか欲しくならないかな?
・普通に家事しながら、料理しながら、我慢できるかな?
・だって、生理前だし・・・

<結果>
・酵素ジュースのおかげで、空腹感が少なく、全然平気でした
・五感が鋭くなるので、調理中の匂いが逆にきつく感じられ味見もしたくない、と思うほどに。
・街で目につく”甘いもの”たちも、今の私には関係ないもの、として余裕でスルーできました。

そして、

<肝心の効果>

〇体重計がないのでわからないのですが、たぶん3キロくらいダウン

〇ウエストが細くなった。

〇顔のむくみがとれた。

〇肌がぷるぷる、ツルピカに。
 →この美容効果は、うれしい限り

〇首の後ろにあった、しつこい湿疹(乾燥したアトピーのような状態)がすっかり消えた。

〇宿便が出た。

〇慢性的な腰痛の重たさや鈍痛が半減した。
→慢性的な肌トラブル、肉体的痛み、不快感、食べないことで軽減されます。
どれだけ、消化に体力や自己治癒力を持っていかれてるか・・・
内臓を休ませてあげることって、自分を労わること、自己愛、まさにソレって感じ!

〇よく寝れた。

〇よく本が読めた。

〇滞ってた片付けもの、仕事がはかどった。
→これは、仕事がオフだったことも大きいし、あと食に対してかけてた時間がごっそり空くので、時間に余裕が生まれるのね。普段から台所に立つ時間がすごく長いので・・・。

〇ヨガのポーズの中のプラーナの流れがスムースだった。

〇短時間の瞑想で深い集中ができた。
→聖典にあるように「よく食べるひととよく寝る人は、ヨギにはなれない」の言葉を、何度も何度も思い出した日々でした。

〇ふといいアイディアが浮かんだりした。
→思考が明晰になるってこと!?

〇生理前だったにも関わらず、イラっとかザワっとかが極端に少なかった。
→極端に減ったってだけで、ゼロじゃなかったけど、家庭の平和は保たれました。

<好転反応的なもの>
・軽い頭痛
・眠気
・運転や買い物の後、雨の中、急な坂道をのぼった後など、
 いつもより強い疲れを感じた。→軽く体力低下

<気づき>
■本当の空腹とはどこなのか、よーくわかった。普段いかに、「本当の空腹のずっと手前」で、小腹すいたーお菓子、とか、おにぎり、とか、ちょいと何かを食べてることに痛いほど気づかされた。

■普段いかに、食べることに対してエネルギー(時間、お金、思考)を使っているか、
 これも痛いほど実感。

■「食べない」という選択をする自分への信頼がわいた。

■健全な「空腹感」は心地がいいものなんだ、という体感。

■1日、1食か2食でちょうどいいんだろうな、という実感。

■調理中、味見と称して結構食べてることに改めて気づく。実際の味見は「液体を舐める」だけで十分なんだってこと。なにも、パクっと食べる必要はないんだ・・・。

■腰痛と腸内環境の関わり。これは密接であると、再確認。

■市販品の中に含まれる添加物、化学物質による肌トラブル。摂りいれないと、こんなに調子がいいんだ!という喜び。

■生理前でも、穏やかに、健やかにいられるんだ、という自信。

■生理前でも、過食しないで済むんだ、という自信。

■緊急時、3日くらい食べれなくても大丈夫なんだろうな、とぼんやり思う。
酵素ジュースはないけどね。でも食べなくても私たちは大丈夫なんだ、という自信。

■こうして絶ってみて改めて感じる、食物への感謝。

■私たちは、やっぱり食糧を無駄にしすぎてる、という想い。

■私たちは、そんなに大量の動物たち、命をいただく必要はないんだ、という想い。

■いただくならば、適切なものを、適量、それでしょう、という想い。

■回復食を食べ始めたときの、味覚の研ぎ澄まされた感覚、味が濃く感じる。普段、もっと薄味でいいはずだー。

■よく噛むということを、心から思い出した。

■そして、最後に、You are what you eat. あなたは食べたものそのものである、という、
基本を思い出した。

そして口から何かを食べるという狭義の食ではなく、心身に摂りいれるものすべて、が
いまの私を作っている、ということ、私の在り方は、その表れである、ということを、
つくづく思い出しました。

■体に無理なく、適切なものを適量いただくということは、自分への最上のセルフケアに他ならず、それはまたに自分を大切に扱うこと、愛すること、自分の心身を犠牲にして、何かを頑張ることのないようにしよう、と。

そんなことを思った日々でした。
とまぁ、ファスティングからいただいた恩恵は数知れず。

ホントにいい時間でした!

これからも、定期的に、満月、新月、生理前など、自分の体調を見ながら、1日ファスティングは入れていこうと思う。

断食は、古来からどの国でも、どの宗派でも行われている習慣のひとつ。
それは、私たちの心身を浄化するツールとしてとても効果的だからなんだろうな。

今は、ただがむしゃらに我慢する断食ではなく、栄養バランスもよく、空腹感も少なくて済むドリンクがあるから、より手軽にできる。

でも、最初は指導者についたり、仲間と一緒がいいと思う。

そして、私自身もヨガ&ファスティングのイベントは、いつかやってみたいなって思うしね。

以上❤

*********

この記事は4部作です。
2012年に酵素ジュース3日間ファスティングをした時の記録です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました