否定のミルフィーユから、ゆるしの重ね煮へ

ゆるしの重ね煮へ。

否定のミルフィーユから、

ゆるしの重ね煮へ。

私たちは、

自分のことを否定したり、
ダメ出ししたり、

不安ばかり考えてしまう、

なんていう時、

そんな自分はダメだ、と否定します。

そして、否定した私をまたダメだと否定を重ねていきます。

これを私は、否定のミルフィーユ、と呼んでます。

でもね、

否定した私をゆるす、

ポジティブになれない私をゆるす。

そして、自分をゆるせない自分をゆるす。

兎にも角にも、

ゆるしを重ねていくのです。

ゆるす。

ゆるす。

ゆるす。

こうして、ゆるしを重ねていくことで、

あるとき、あれ?ってなります。

なんかもう、くすっ、みたいな。

そして、

もう「これでいいのだー!」的な境地になります。

これを「ゆるしの重ね煮」と呼びます。笑

それはそれは、

あらゆる具材(あらゆる感情)が混じり合い、

アクすら旨み、な境地。

陰陽が混ざり合った、

調和の取れた、

優しい味わいになるんです。

これを慈悲と言うんでしょう。

いいも悪いもない。

上も下もない。

右も左もない。

すべてが循環し、

そこに全体性が立ち現れてきます。

自分の嫌なところすら、

嫌いなまま、

自分を愛そう。

自愛、ってそういうことだと思っています。

提供 サービス

▼ オンライン無料セミナーはこちらからお申し込みください。

▼ 個人セッションはこちらからお申し込みください。

▼ オンライン Zoom ヨガ ライブ配信はこちらからお申し込みください。

blog
新開 晴美をフォローする
ゆるしいろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました